眠ったままのサックスを買取に出そう|高値で売れる

高く買い取ってもらおう

店舗選びが重要

スーツの人

サックスを中古買取してもらう上で高く買取してもらうにはいくつかのポイントがあります。
まずは、状態がよいという事です。
これはサックスに限らず中古買取してもらう場合にはほぼ全てのものがそうですが、そのものの状態によって買取価格は大きく変わってきます。
サックスの場合は傷や金属部分のくすみ等は大きく査定に関わってきますので、日ごろから大切に扱い、買取をしてもらう際にはくすみ等はしっかり清掃しておきましょう。
また、サックスの種類によっても価格は大きく変わってきます。
サックスには様々な種類があります。
コントラバス等の低音のものは楽器自体も大きいので、買取価格自体は高くなる場合が多いです。
アルトサックスは購入時と中古買取の時の値幅が一番少ないです。
これはサックスプレイヤーの中で一番アルトサックスを使う方が多いからです。
初心者の方もアルトから入る事が多いという事もあります。
コントラバスなどのプレイヤーが少ないもの、つまり購入時と買取時の値幅が大きいものは買い取ってもらう店舗を選ぶ事も重要です。
コントラバスなどは様々な楽器を扱っている楽器店に買い取ってもらうよりも、金管、木管楽器の専門店に買い取ってもらう場合の方が高値が付きやすいです。
実際に店舗に持ち込んで査定をしてもらう方法もありますし、インターネットから申し込みをして、出張買取をしてもらう方法もあります。
一般的に自分で楽器店に持ち込んで買取してもらう方が価格が高くなる場合が多いです。

金額を決める要素

考える人

買取店での楽器の査定では、何点かのポイントを基準にして評価額が出されます。
すべての査定のベースとなるのが、その楽器の相場の金額です。
相場の金額をスタート地点として、各店がそれぞれの方法で査定を行っていく仕組みとなっています。
大多数の買取店が採用するのが、マイナスとなるポイントを見つけて、その都度相場の金額から引いていくという方法です。
サックスの買取であれば、表面の傷や変色、キーのトラブルなどが減額対象のポイントとして挙げられます。
従って、新品のサックスと大きな差があるほど、査定額は低くなります。
付加価値となるポイントをチェックし、査定額を相場からアップしていくという方法もあります。
サックスの場合も、楽器によって1点1点音が異なります。
その楽器にしか出せないような音があれば、プラスのポイントとして評価されるのが、こちらの査定方法です。
持ち主が所持している間に行った、メンテナンスやアレンジなども、評価対象となるポイントの1つです。
幾つかのサックス買取店は、中古サックスの販売店としても知られます。
新品にはない魅力を中古サックスに見出す方が、こういった買取店を利用してサックスの買い替えを行います。
買取店では、顧客の好みにマッチするような中古サックスの紹介をしており、プロのアドバイスが受けられるお店は、楽器通の方の間でも有名です。
奥深い楽器の世界を紹介することも、最近の買取店のサービスです。

中古楽器の売却事情

マネー

使わなくなった楽器を手放すことになった場合、廃棄するには忍びないと感じることがあるのではないでしょうか。
そのような場合には中古の買取サービスを利用するのがお勧めですが、サックスのようにピアノやバイオリンなどのメジャーではない楽器を買取ってくれるところがあるのか心配になる方もいると思います。
しかし、サックスについても根強いファンはたくさんいますし、趣味で演奏している人もいることから中古市場はそれなりに存在しており、特に人気ブランドのサックスであればかなりの高額での買取りとなることもあり得ます。
そこでまずは、中古買取を行っているお店に査定をしてもらって、納得できる価格であれば手放すということになります。
査定を依頼する前にはサックスがしっかりと音が鳴るかどうかを確認しておくことが重要です。
不具合がある場合には買い取ってもらえない可能性もありますし、著しく値段を下げられるおそれもあるためです。
また、表面に傷があったり、状態が悪いものも減点対象となりますので、手放すことを決めた場合は管理には気を付けるようにしましょう。
可能な限り高く買い取ってもらうためには、入念に手入れをしてから査定に出すようにすることと、付属品についてもまとめて売却することがポイントとなります。
最近では店舗に持ち込まなくても訪問査定してくれるところもありますので、時間がない場合にはそのようなサービスを利用してもよいでしょう。